らくあま

らくてん。あまぞん。キャッシュレス。ブログ初心者。知っているとお役に立ちそうなことをお届けしたい

コスパ抜群! プライム会員なら絶対買うべき Fire TV stick!!!

 

f:id:taka2510042:20190623020248j:plain

どうも。グーグルアドセンス申請で「価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない」とバッサリ切られてしまった「らくあま」(@rakuamablog)です。

 

グサっと刺さりますね。ちょっとストレート過ぎませんか、その表現は(笑)

いきなり合格する、なんて思ってませんから、想定内ではあるんですけども。

日本人はもう少しオブラートに包んで表現するんですよ・・・グーグルさん。

慣れないことされると堪えます。しかも自分あまりメンタル強くないので。

 

まあ落選は仕方ないので受け止めて、しかし合格に向けて原因の見当がついたのと、次の対策を考えたので、次回の申請に向けて頑張っていきたいと思います。

 

 

さて、気持ちを切り替えて、今日は数あるAmazonのオリジナル商品の中でも私の一押し商品。コスパ抜群の「Fire TV stick」を紹介したいと思います。

Amazonのサービスは、これまでの記事でたくさん紹介してきましたが、ガジェットもののレビューは初記事です。頑張ってお伝えしようと思います。

 

では、お付き合いのほどよろしくです。

 

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

 

 

 

Fire TV stickとは

 

簡単に説明すると、家のテレビにスティックを繋ぐだけで、アマゾンの「プライムビデオ」や「YouTube」が大画面で見られるようになる「素敵なアイテム」です。

お値段は、「4980円」

パソコンやタブレットでも 「プライムビデオ」を見れますが、画像コンテンツを見るなら、やはり大画面でみた方が迫力が全然違います

タブレットだとどうしても個人視聴サイズになりがちですが、テレビなら家族揃って同じ番組を見ることが出来ますしね。いいですよ、これ。

 

 

アマゾンプライム

 

アマゾン有料会員サービスの「アマゾンプライム」では至れり尽くせりの高コスパサービスを受けることが出来ます。

 

【アマゾンプライム 利用できるサービスのまとめ】

www.rakuamablog.com

 

プライムビデオ

その「アマゾンプライム」のサービスの一つである「プライムビデオ」では様々な動画コンテンツを視聴する事ができるんです。

例えば・・・

  • 民法TV番組
  • 映画
  • アマゾンのオリジナル動画
  • Abema、DAZN、スポナビライブ、dtv、Hulu、Netflix、GyaO、U-NEXT、ニコニコ動画

 などを視聴できます。

民法TV番組はライブで見れるわけではないんですけどね。

テレビ、映画、オリジナル動画、数々の動画配信サービスがこれだけで視聴できてしまうんですね(Huluとか別料金がかかるものもありますが)

以前はツタヤなどにDVDを借りに行って映画などの映像コンテンツを楽しんだわけですが、今は外に借りに行くこともなく、自宅でテレビを操作するだけで、たくさんのコンテンツを楽しめる。有り難いサービスですね。

外出しないで映画などを楽しめる経験をしてしまうと、なかなか元には戻れません。

そして、個人的には「DAZN(ダゾーン)」で野球やサッカーなど、スポーツ中継を大画面で見れるのも嬉しく、満足度を高めてくれています。

 

【プライム・ビデオに関して詳細は、こちらの記事をどうぞ】

              ↓

www.rakuamablog.com

 

その他のコンテンツ

それから「アマゾンミュージック」で音楽を聞いたり、「アマゾンフォト」で写真を見ることも可能です。

「アマゾンミュージック」「アマゾンフォト」について詳しい内容は、こちらの記事から。

 

【アマゾンプライムミュージック】

www.rakuamablog.com

  

 

【アマゾンフォト】

www.rakuamablog.com

 

 

 

 

新型、旧型の比較

 

私はもともと初代の「Fire TV stick」を使っていました。

リモコンの反応が悪くなって、昨年度に現行のFireTVstickに買い替え。

使ってみた感想は、現行機種との大きな違いが2つありました。

 

リモコンの反応

1つ目は、リモコンの反応

初代と比べると、とにかく、キビキビサクサク動く。これ大事。

スマホを含め携帯電話やパソコンでもそうですが、「モッサリ」と「サクサク」の差って大きいです。

リモコンでの手元の操作と画面の反応がずれると、誤操作、誤変換が多い。

それが分かって気にしてゆっくり操作するんですが、それでも間違った入力になってしまい、削除してから再入力・・・とにかく時間がかかってフラストレーションが溜まってしまいます。

で結局「もういいや」と諦めたり、あまり使わなくなってしまう、という結末を迎える。

しかし現行機種のリモコンは全くそんな心配ありません。

リモコンの操作に画面が同時に反応。これすごく大事。ノーストレスです。

 

音声認識

2つ目の違いは「音声認識」機能があるか、ないか、です。

 

f:id:taka2510042:20190621104746j:image

f:id:taka2510042:20190621104756j:image

 

上が旧型、下が現行型です。現行型の方が縦長。

現行型は、一番上にマイクのマークの「音声認識ボタン」が付いています。

これを押しながら検索したい言葉をしゃべると、画面に検索結果が出てきます。

音声認識での検索は、打ち込みよりもかなり便利。

しかも音声の認識率もかなり高く、正確な結果表示がされます。

 

 

例えば・・・

f:id:taka2510042:20190623013144j:image

「ワンピース」

 

 

f:id:taka2510042:20190623013205j:image

「クレヨンしんちゃん」

 

というだけで、画面に作品がズラズラっと表示されます。

 

 

そして「ドラえもん」を検索すると・・・

f:id:taka2510042:20190623013216j:image

なぜか「どこでもアレクサ〜」と音声つきで返事が返ってきました。

オチャメなやつだ(笑)

 

 

 

音声認識がない場合だと、見たい番組を探すのが大変です。

過去に見た番組などの履歴から、好みに近い番組を画面に表示してくれますが、新たに探したい番組がある時、作品によってはなかなか見つからないケースもあります。

そもそも自分が探している番組がアマゾンプライムの対象で、検索して出てくるのかは、検索してみないと分からない。

 

また、文字入力もできるのですが、

f:id:taka2510042:20190621120036j:image

 

一文字一文字入力していく必要があります。

パソコンやスマホと違って、この画面での一文字一文字の入力はけっこう時間がかかる。

 

そういう意味では、音声検索は、探しているタイトルや関連ワードを一言しゃべれば、検索結果を表示してくれます。一発で。

 

先述したようにリモコンが一部反応しなくなったので、その時はやむなく買い替えたんですが、その理由を除いても買い替えてよかったです。

サクサクの反応や音声認識の面で、現行機種に買い換える価値が十分にありました

もし初代のリモコンを使っている方がいたら、買い替えをオススメします。

 

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

 

 ちなみに4K対応のバージョンもあります 

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

 

 

 

感想

FireTVstickについては、月並みな言い方ですが、とにかく大満足で「買ってよかった」の一言。

一番の特徴は、プライム・ビデオやYouTube、DAZNなどの

①多種多様のコンテンツ」を、

②TVの大画面」で

③テレビの前で選んで」見れる

ということ、ですね。

 

タブレットだと個人での鑑賞になりがちですが、テレビなら家族揃って同じ番組を楽しめます。

現行のリモコンもサクサク動きますし、音声認識も便利で満足度が上がります。

 

 

他社商品

 

また「FireTVstick」と似た商品として、アップルから「AppleTV」、グーグルから「chromecast」が販売されています。

  • Apple TV(アップルTV)
  • chromecast(クロームキャスト)

 

他社商品との比較

値段の面から比較すると、「Apple TV」は17064円

新しい「Apple TV4K」は更に値上がりしています。 

「Chromecast」と「FireTVstick」は、どちらも4980円

 

性能の違いは、chromecastの特徴としては「ミラーリング」という機能があります。

パソコンの画面をテレビに映す機能ですが、これはFireTVstickにはない機能。

それからYouTubeの再生機能の違い。

ChromecastとFireTVstickのどちらにもミラーリング機能はありました。失礼しました

FireTVstickでもWebブラウザアプリを使ってYouTubeを再生できるので、視聴には支障ありませんが、ちょっと検索が「使いづらいかな」という欠点はあります。

ちなみに音声認識機能をここで使うと「プライムビデオ」の音声検索に切り替わってしまいます。

私は以前から「AppleTV」を使っていましたが「アマゾンプライム」の評判の良さに惹かれて「FireTVstick」を買いました。

そして使い勝手の良さ、コンテンツの充実を体感し、今では完全にFireTV派に移行してます。

 

おすすめの対象は

「AppleTV」は値段の面からもお高く、簡単に手は出せないですね。Apple好きなら別ですけども。

「Chromecast」と「FireTVstick」は値段は4980円で同値段ですが、「プライム会員」なら間違いなく「Fire TV stick」の選択になりますね。

「プライム会員でない」のであれば、ミラーリング機能を使いたい、あるいはYouTubeをストレス無く視聴したいという方は「chromecast」の方がいいでしょう。

そこに拘らなければ「FireTVstick」が楽しんで使えると思いますよ。

 

 

セールを狙う

ちなみに、アマゾンでは、7月12月に大きなセールを毎年実施しています。

アマゾンの商品も毎回目玉商品としてセールの対象になります。

来月あたり、セールを実施すると思われますので、対象商品になる可能性がかなり高いと思いますから、気になっている方は、購入を検討してみて下さい。

普段は4980円で販売されていて、それだけでも非常に高コスパ商品ですが、更に安く購入できるチャンスです!

要チェック!!!

 

 

まとめ

  • 様々な動画コンテンツを大画面で視聴できる
  • 大人数で視聴に向いている
  • 自宅で見たい作品を選んで視聴できる
  • 現行機種はリモコンがサクサク動き、音声認識機能も付いている
  • YouTubeの視聴以外の目的ならFireTVstickがオススメ
  • プライム会員なら間違いなく買い
  • セールの対象品になりやすいので、その時期に買うのがオススメ

 

  

そうそう、それから前回のクイズですが・・

 

【前回の記事】

   ↓

www.rakuamablog.com

 

 分かりましたか?

 

 

答えは「シンケンジャー」です。ググれば一発だったと思いますが、検索しなくても分かりましたかね?

戦隊シリーズは、今後有名になりそうな注目の俳優さんがたくさん出てて面白いですよね〜。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事はあなたのお役にたったでしょうか。

「読者登録」していただけると励みになります。

「ブックマーク」もしてくれたら嬉しいです。

「らくあま」でした。それでは、また。

 

 

※2019年6月23日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して6月25日に再更新しました。