お得なAmazonギフト券(1,000ポイント付与)はこちらから

【2023年】オーディブル人気作品:年間TOP100!最も聴かれた本はコレ

当ページのリンクには広告が含まれています。
【Audible】2023年人気作品トップ100
  • URLをコピーしました!

Amazonから提供されている聴く読書「Audible(オーディブル)

朗読サービスの認知度も高まり、年々、利用者が増えてきていますが、今、どんな作品が注目されて、聴かれているのでしょうか?

らくあま

2023年に多くの人に聴かれた【100作品】を紹介します

ベスト・オブ・2023

この記事では、Audibleで2023年に聴かれた【人気のTOP100作品】を紹介します

Audibleは、作品ごとに個別での購入も可能ですが、聴き放題プランが用意されています。
会員登録(月額1,500円)すると、12万冊もの書籍の朗読サービスが聴き放題になります(初回30日感無料体験期間あり)。

らくあま

作品数も膨大なので、選ぶ際の参考になれば幸いです。

目次

【2023年Audible】TOP100:100位〜51位

らくあま

2023年に聴かれた【ベスト100作品】を、100位からランキング形式で順に紹介します

朗読では、読み手のナレーターも作品の雰囲気を感じるのに重要な要素

作品の各ページでは、5分間のサンプルも聴けるので、作品の雰囲気を感じることができますよ

【100位〜51位】

【ノルウェイの森】朗読:妻夫木聡

【2023年Audible】TOP100:50位〜31位

【50位〜31位】

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年】朗読:向井理

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド】朗読:大森南朋

【告白】朗読:橋本愛

百年の子】朗読:石田ひかり

Nのために】朗読:榮倉奈々

【2023年Audible】TOP100:30位〜11位

【30位〜21位】
【20位〜11位】

【贖罪】朗読:小池栄子

【2023年Audible】TOP100:10位〜6位

10位〜6位
『1Q84―BOOK1〈4月-6月〉前編』のカバーアート
『爆弾』のカバーアート
『火車』のカバーアート
『騎士団長殺し ―第1部 顕れるイデア編(上)―』のカバーアート
『ザリガニの鳴くところ』のカバーアート

騎士団長殺し】朗読:高橋一生

すきま時間→心ゆさぶる時間に

【2023年Audible】TOP100:人気作品ランキングベスト5

第5位:【正欲】(朝井リョウ)

正欲

あってはならない感情なんて、この世にない。
それはつまり、いてはいけない人間なんて、この世にいないということだ。

息子が不登校になった検事・啓喜。
初めての恋に気づいた女子大生・八重子。
ひとつの秘密を抱える契約社員・夏月。
ある人物の事故死をきっかけに、それぞれの人生が重なり合う。

しかしその繋がりは、”多様性を尊重する時代”にとって、
ひどく不都合なものだった――。

「自分が想像できる"多様性"だけ礼賛して、秩序整えた気になって、
そりゃ気持ちいいよな」

これは共感を呼ぶ傑作か?
目を背けたくなる問題作か?

作家生活10周年記念作品・黒版。
あなたの想像力の外側を行く、気迫の書下ろし長篇。

  • 著者:朝井 リョウ
  • ナレーター:岡井 カツノリ  高口 幸子  
  • 再生時間:13時間35分
  • 配信日:2022/12/2
らくあま

第19回本屋大賞にもノミネートされた「正欲

多様性の問題点に迫っていくストーリー

複数ナレーションで、「ラジオドラマ」を聴いているよう

Audible
¥3,500 (2023/12/14 10:20時点 | Amazon調べ)

第4位:【正体】(染井為人)

正体

埼玉で二歳の子を含む一家三人を惨殺し、死刑判決を受けている少年死刑囚が脱獄した! 東京オリンピック施設の工事現場、スキー場の旅館の住み込みバイト、新興宗教の説教会、人手不足に喘ぐグループホーム……。様々な場所で潜伏生活を送りながら捜査の手を逃れ、必死に逃亡を続ける彼の目的は? その逃避行の日々とは? 映像化で話題沸騰の注目作!

  • 著者:染井 為人
  • ナレーター:渡辺 紘
  • 再生時間:20時間3分
  • 配信日:2022/11/4
らくあま

染井 為人の「正体

死刑囚が脱走したというプロローグから始まるが、周囲目線のナレーションが面白い

亀梨くん主演でTVドラマ化もされています

Audible
¥4,500 (2023/12/14 10:17時点 | Amazon調べ)

第3位:【同志少女よ、敵を撃て】(逢坂冬馬)

同志少女よ、敵を撃て

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵”とは?

  • 著者:逢坂 冬馬
  • ナレーター:青木 瑠璃子
  • 再生時間:15時間34分
  • 配信日:2022/4/1
らくあま

第19回本屋大賞受賞作品の「同志少女よ、敵を撃て

狙撃手となった少女たちの目線から独ソ戦を描いた作品

物語だけでなく、ナレーションも登場人物の演じ分けが聴きやすく秀逸です

Audible
¥4,000 (2023/12/14 10:13時点 | Amazon調べ)

第2位:【汝、星のごとく】(凪良ゆう)

汝、星のごとく

その愛は、あまりにも切ない。 正しさに縛られ、愛に呪われ、それでもわたしたちは生きていく。 本屋大賞受賞作『流浪の月』著者の、心の奥深くに響く最高傑作。 ーーわたしは愛する男のために人生を誤りたい。 風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。 ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していく。 生きることの自由さと不自由さを描き続けてきた著者が紡ぐ、ひとつではない愛の物語。 ーーまともな人間なんてものは幻想だ。俺たちは自らを生きるしかない。

  • 著者:凪良 ゆう
  • ナレーター:柚木 尚子  志村 倫生 
  • 再生時間:12時間8分
  • 配信日:2023/2/17
らくあま

凪良 ゆうの「汝、星のごとく

本屋大賞受賞作で注目の作品でしたが、2人のナレーションも自然で、心地よく聴けます

Audible
¥3,500 (2023/12/14 10:10時点 | Amazon調べ)

第1位:【ハヤブサ消防団】(池井戸潤)

ハヤブサ消防団

東京から父の郷里・ハヤブサ地区に移住した売れない作家の三馬太郎。 田舎暮らしを楽しむはずが、地元の消防団入りした彼を待ち受けていたのは連続放火事件だった。 息もつかせぬ展開の、池井戸潤まさかの“田園”ミステリ!?

  • 著者:池井戸潤
  • ナレーター:杉山怜央
  • 再生時間:15時間51分
  • 配信日:2022/9/5
らくあま

2023年に最も聴かれた作品は「ハヤブサ消防団

TVドラマ化もされた同作品ですが、ナレーションも良く、心地よいテンポで世界に引き込まれます

Audible
¥4,000 (2023/12/14 10:11時点 | Amazon調べ)

Amazon【Audible(オーディブル)】始める方法

【Audible】は、Amazonの朗読サービス。サービス開始以降、利用者がジワジワ増えてきました。

朗読サービスなので、読書の時間が取れない方や、読書そのものが苦手な方にもオススメです。

月額1,500円の料金を払う必要がありますが(加入時は30日間無料)、ときどきお得なキャンペーンも実施しているので、そのタイミングでの加入がオススメ

すきま時間→心ゆさぶる時間に

まとめ【2023年Audible】人気作品

まとめ
【Audible】2023年人気作品
  • 第10位:【1Q84―BOOK1〈4月-6月〉前編】(村上春樹)
  • 第9位:【爆弾】(呉勝浩)
  • 第8位:【火車】(宮部みゆき)
  • 第7位:【騎士団長殺し ―第1部 顕れるイデア編(上)―】(村上春樹)
  • 第6位:【ザリガニの鳴くところ】(ディーリア・オーエンズ)
  • 第5位:【正欲】(朝井リョウ)
  • 第4位:【正体】(染井為人)
  • 第3位:【同士少女よ、敵を撃て】(逢坂冬馬)
  • 第2位:【汝、星のごとく】(凪良ゆう)
  • 第1位:【ハヤブサ消防団】(池井戸潤)
らくあま

2023年にAudibleで多くの人に聴かれた人気の作品を紹介しました。

気になった作品をチェックしてみてくださいね!

すきま時間→心ゆさぶる時間に

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019年5月より「Amazon」「楽天」「キャッシュレス」をテーマとしたブログをスタート。
2019年10月「はてなブログ」から「WordPress」に移行。知ってると便利でお得な情報を発信していきます

関連記事

コメント

コメントする

目次