【楽天カード】ゴールドカードにするメリット4つとデメリット3つ どちらがお得?

\👇楽天カードの申込はこちら👇/

楽天カード新規入会キャンペーン

クレジットカードの中でも人気の「楽天カード

年会費が永年無料、買い物の1%という高い還元率などの特徴があります。

またスマホ決済の「楽天ペイ」とも相性は抜群で、使っている人も多いでしょう

そんな楽天カードですが、カードの種類は「一般カード」の他に「ゴールドカード」「プレミアムカード」などがあります。

通常のカードよりも1ランク上のカードが「ゴールドカード」です

カードの申し込みをする際は「一般カード」から申し込む方が多いと思いますが、さて「通常のカード」と「ゴールドカード」いったいどこが違うのでしょうか?

らくあま
らくあま

この記事では、一般カードと比較しながら、ゴールドカードの特徴と変更した際の「メリット」と「デメリット」、そしてどんな人がゴールドカードにするとお得なのかお伝えします

ゴールドカードとの比較

楽天カード楽天ゴールド
カード
年会費永年無料年間2200円(税込)
ポイント還元実店舗 1%
楽天市場 3倍
実店舗 1%
楽天市場 5倍
カードの種類MasterCard
Visa
JCB
American Express
MasterCard
Visa
JCB
限度額100万円200万円
デザイン多数から選択可能1種類のみ
楽天Edy選択可能通常装備
ETCカード年会費550円で
付帯可能
無料で
付帯可能
家族カード無料年会費550円
海外旅行
損害保険
最大2000万円最大2000万円
空港ラウンジ利用不可利用可能

一般カードとゴールドカードの利用条件を表にしてみました。

一つの項目づつ確認していきます

ゴールドカードの特徴

特徴は以下のとおりです。

メリットその1:楽天市場でポイント最大5倍

街中の買い物での還元率は、一般カードでもゴールドカードでも変わらず1%

しかし楽天カードが本領を発揮するのは、楽天市場

らくあま
らくあま

一般カードでも楽天市場でのポイントが貯まりますが、より多くのポイントを得られることがゴールドカードにする1番のメリットといえるでしょう

通常のカードは3倍ですが、ゴールドカードの場合は5倍のポイントが付きます。

楽天市場で100円の買い物をした場合「一般カード」の還元は3%なのに対し、「ゴールドカード」なら5%で5円分のポイントが還元されるということです。

100円ごとに2円ずつ余分に還元されるのですね。

Check

【楽天市場での還元率】

  • 一般カード還元率・・・・3%
  • ゴールドカード還元率・・5%

メリットその2:航空ラウンジの利用

らくあま
らくあま

ゴールドカードにすると国内の空港や韓国、ハワイの一部の空港にて、年間2回までの制限付きですが空港のラウンジが利用できる特典があります。

これは通常のカードには無い特典です。

※毎年9月1日から翌年8月31日の間を1年間として、その期間中に2回利用できます

飛行機に多く乗る機会があるビジネスマンのような人には物足りないかもしれませんが、一般的には年で2回くらいの旅行で使えるという位の特典が丁度いいのではないでしょうか。

メリットその3:ETCカードが無料

これもゴールドカードにするメリットです。

一般の「楽天カード」ではETCカードが年会費550円かかりますが、ゴールドカードになるとこの年会費が無料になります。

ETCカードが無料というのはありがたいですね。

メリットその4:利用限度額が高い

ゴールドカードにすると利用限度額が上昇し、200万円まで利用できるようになります。

一般カードの基本限度額は100万円ですが、その人の経済状況に応じて金額も変わります。

主婦や学生さんだともっと低い金額設定になるはずです。

まあこれほど大きな金額を使う機会もそんなに無いと思うので、ゴールドカードにすることでの大きなメリットではないかもしれません。

利用限度額は、1ヶ月あたりの金額ではないのでお間違えの無いように

\👇楽天カードの申込はこちら👇/

楽天カード新規入会キャンペーン

デメリットその1:年会費が2200円

一般カードが永年無料に対してゴールドカードになると2200円の年会費がかかります。

とはいえ、各種クレジットカードのゴールドカードの年会費は数万円などの条件付きが多いのですが、楽天カードの場合は、2200円(税込)です。

通常のクレジットカードの年会費は永年無料なので、ゴールドカードにすると料金はかかってしまいますが、ゴールドカードということを考えれば、他社のクレジットカードと比較してもお手軽な年会費と言えるでしょう。

デメリットその2:家族会員カードが550円

本会員カードもゴールドにすると2200円の年会費がかかりますが、家族カードも同様。

家族カードは550円の年会費がかかります。

デメリットその3:カードのデザインが1種類

一般カードは、数多くのデザインを選ぶことができますが、ゴールドカードは上の画像の1種類のみです。

オシャレなデザインで個人的には好きですけどね。

ちなみに一般カードのデザインは

  • 通常デザイン
  • パンダデザイン
  • ディズニーデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン
  • イニエスタデザイン
  • バルセロナデザイン
  • YOSHIKIデザイン

があります。

また女性向けにピンク色の「楽天PINKカード」があり

  • 通常デザイン、
  • パンダデザイン、
  • ディズニーデザイン

から選ぶことができます

こんな人はゴールドカードがお得

楽天市場をよく使う人

年会費が2200円かかるゴールドカード。結局、どのような人がお得に利用できるのか。

まずは楽天市場をよく利用する人です。先述したようにゴールドカードだと通常のポイント3倍が5倍になり、2倍のポイントが追加還元されます

月に1万円、年間で12万円を楽天市場で利用すると仮定すると、楽天カードであればポイント3倍で3600円。ゴールドカードだとポイント5倍で6000円。

その差が2400円ですから、月に1万円近い金額を楽天市場で利用している人は、ゴールドカードにするメリットがありますね。

旅行で移動する機会の多い人

楽天市場での買い物が多くなくても、車の移動でETCカードを使う人、あるいは飛行機での移動が多いという人も検討に値します。

ETCカードは通常のカードだと年会費550円かかりますが、ゴールドカードなら無料。

ゴールドカードの年会費は2200円ですが、ETCカードを利用するとなると一般カードとの差は実質1650円です。

一月換算すれば、約138円くらいの費用なので、楽天市場で月に7000円程度の買い物をする人なら一般会員よりもお得になります

まとめ

楽天ゴールドカードの特徴をまとめると

ゴールドカードのまとめ
  • 一般カードよりも+2%還元率が高い
  • 航空ラウンジが年2回利用できる
  • ETCカードが無料になる
  • 年会費は2200円
  • デザインは1種類
  • 楽天市場で月1万円(ETCカードを使うなら月7000円)程度の買い物をするなら、ゴールドカードがお得

以上の内容になります。

まれに一般カードからゴールドカードへの変更時にポイント還元されるというキャンペーンをやっていますので、気になっている人は日頃からチェックしておくのもよいかもしれません。

一般の楽天カードを使っている方は自身の明細を確認して、ゴールドカードへの変更を検討してみてはいかがでしょうか

\👇楽天カードの申込はこちら👇/

楽天カード新規入会キャンペーン

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。