はてなブログからWordPressに移行しました

【楽天ペイ】未経験者&初心者向け 基本の使い方 まとめ

コード決済

どうも。らくあま(@rakuamablog)です。

今日は、キャッシュレス決済の一つ、「楽天ペイ」の使い方について紹介します。

楽天ペイは、その名の通り「楽天」が提供するキャッシュレスの決済サービス。

キャッスレス決済のサービスが乱立していますが、他サービスの「LINE Pay」や「PayPay」などのサービスと何が違うのか。

らくあま
らくあま

この記事では、楽天ペイの使い方について、基本的操作(登録方法・チャージ・支払い方法)、特徴、使えるお店、どういう人に向いているのかなど、なるべく分かりやすく解説します。

楽天ペイとは

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6bc8442573067bae419e43258f232daf_s.jpg です

楽天ペイを使うには、まず楽天会員になる必要があります。

会員になれば、楽天ペイのアプリをインストールした後に、楽天IDでログインするだけで利用することができます。

お得に楽天スーパーポイントが貯まる

楽天ペイでの支払いが

  • 200円ごとに1ポイント
  • 楽天カードをクレジットカード登録していると、更に100円ごとに1ポイント楽天スーパーポイントが追加付与されます。

買い物金額に対して、合計1.5%の楽天スーパーポイントが付与されることに

クレジットカードで払うよりも還元率が高く、2重でポイントを得ることができます。

しかも暗証番号の入力やサインをする必要がありません。

更にコンビニでは、dカードやPontaカードを提示すると、そのポイントも貯まります。

いわゆるポイントの3重取り

そして、後述の方法を使うと、なんとポイント4重取りも可能になるんですね。

貯まった楽天ポイントは、実店舗でもオンラインショップでも使えますよ。

また、支払いの際に貯まっている楽天ポイントを使用できますが、期間限定ポイントを優先的に使える、という点がメリットですね。

楽天の「期間限定ポイント」、使い切れなかったり、無理やり使おうとしていらないものを買ったりしていませんか?

楽天ポイント、楽天キャッシュで支払いが出来る

楽天ペイアプリの画面から「楽天ポイントカード」が使えます。

普段楽天ポイントカードを使っている人は察しがつくかもしれませんが、ポイントカードが使えるということは、つまり「楽天ポイント」を支払いに使うことが出来るんですね。

また後述しますが、「楽天キャッシュ」も支払いに当てることが出来ます。

ポイントを貯める際は、ポイントカードのタブをバーコード提示。

https://finance.jp.rakuten-static.com/rpay/img/1/guide/points/img_point_tameru.jpg?v=20190628

楽天ポイント、楽天キャッシュを使う際は、支払い方法のところで後述します。

使えるお店

実店舗

コンビニ、ドラッグストア、飲食店に家電量販店など街中にある幅広いお店で使えます

https://finance.jp.rakuten-static.com/rpay/img/1/common/shop/shop_logos_pc.png?v=20190628

オンラインショップ

また無印良品など下記のオンラインショップでも利用ができます。

https://finance.jp.rakuten-static.com/rpay/img/1/top/img_onlineshop_pc.jpg?v=20190517

オフィシャルサイトの「使えるお店を探す」から確認できますよ

楽天ペイ: アプリ決済が使えるお店

スマートスタジアム構想

またJリーグ ヴィッセル神戸のホームスタジアム「ノエビスタジアム」と

プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスのホームスタジアム「楽天生命パーク宮城

では、「スマートスタジアム構想」で楽天ペイをはじめとする完全キャッシュレス化を導入しています。

https://www.vissel-kobe.co.jp/cashless/images/main.jpg

画像引用:ヴィッセル神戸オフィシャルサイト

https://www.rakuteneagles.jp/cmn/images/news/201901/img_190110_02_01.jpg

画像引用:東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト

導入編

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2cf3c4f00f662048ee814c7714dff1c6_s.jpg です

さて、「楽天ペイ」を利用するには、まずあなたのスマホにアプリをダウンロードするところから始めます

アプリのダウンロード

「楽天ペイ」は楽天会員であることが前提。楽天会員の登録が必要になります。

後述するアプリから会員登録することも可能です

スマホから「楽天ペイ」アプリをインストールしましょう

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

 

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
 

登録

①楽天IDでログイン

f:id:taka2510042:20190716154551p:image

②電話番号による認証を行って、登録完了となります。

ログインした時点で、普段「楽天で使っているカード」が紐付けられます。

楽天会員登録している、楽天カードを持っている人には、あっという間に簡単に登録出来てしまいます。

また後から別のクレジットカードを追加設定することも可能です。

(これがポイント還元4重取りのヒントです)

準備編

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は d83f15eb03b605c0322cc46ab6b4d7ff_s.jpg です

支払い・チャージ方法

楽天ペイの支払い方法は

  1. 「楽天ポイント」(その場で決済)
  2. 「楽天キャッシュ」(その場で決済完了)
  3. 「クレジットカード」(後から決済)

のいづれかになります

支払いの際にチェックボタンで

  • ポイント・キャッシュで支払うか(1部か全額か)
  • クレジットカードで支払うか

のどちらかを選択します。

設定から細かなポイント・キャッシュの利用を決められます

楽天キャッシュ

楽天キャッシュとは?

→実店舗でもネットでも支払いが出来る電子マネーです。

電子マネーは、その他にSuica、PASMO、iD、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edyなどのサービスがありますね。

cash.rakuten.co.jp

しかし楽天だけでも

  • 「楽天Edy」
  • 「楽天キャッシュ」
  • 「楽天ペイ」
らくあま
らくあま

ややこしくて分かりづらい・・・

「楽天Edy」も「楽天キャッシュ」もどちらも電子マネーですが、簡単に説明すると

楽天Edy実店舗やネットでも使える。

 

使える店が多い。

楽天スーパーポイントと相互交換が可能。

ポイント還元あり。

楽天キャッシュ実店舗で使えないが、楽天ペイを通じて実店舗で使える。

 

個人間送金ができる。

ラクマの売上金からチャージができる。

ポイント還元なし。

どちらも電子マネーですが、特徴に違いがあるんですね。

さて、楽天ペイで利用可能な「楽天キャッシュ」で支払いをするには、事前にチャージしておく必要があります。

らくあま
らくあま

チャージ方法は、以下のとおりです

チャージ方法

1.ホーム画面中央の「送る」タブをタップ

2,チャージボタンを押す

https://cash.rakuten.co.jp/img/charge/charge_step_01.jpg

3,金額を入力。金額入力後、右下の完了を押す

https://cash.rakuten.co.jp/img/charge/charge_step_02.jpg

4,金額を確認し、「チャージする」をタップ

https://cash.rakuten.co.jp/img/charge/charge_step_03.jpg

これで楽天キャッシュへのチャージが完了しました。

ちなみに、楽天キャッシュは現金での引き出しは現時点ではできません。

近日中に対応予定とのことです。

クレジットカード登録

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express

が利用できます

登録方法

1.ホーム画面左上のメニューマークをタップ
2.設定をタップ
3.お支払い元の設定をタップ
4.+新しいカードを登録をタップ
5.クレジットカード情報をタップ
6.新規カード情報の追加をタップ

7.画面の項目にそってカードの番号などを入力していくと設定完了です。

利用編

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c3889b94ce428dc80e8951f4842111ac_s.jpg です

実店舗

Ⅰ コード払い

コード払いは、バーコードを店員さんに提示して読み取って貰う方法です。

1.支払い方法の「コード・QR払い」を選ぶ
2.店員にバーコードかQRコードを提示し、読み取ってもらう
3.支払い完了

Ⅱ.QR払い

QR払いは、自分のスマホでお店のQRコードを読み取って決済します。

1.支払い方法の「QR読み取り」を選択
2.起動するカメラで、QRコードを読み取る
3.金額を入力
4.確認画面下のボタンをスライド
5.支払い完了

   

Ⅲ.セルフ支払い

セルフ支払いは、自分のスマホに金額を入力して決済します。

1.支払い方法のセルフを選択
2.支払い店舗を選択
3.金額を入力
4.確認画面下のボタンをスライド
5.支払い完了

オンラインショップ

無印良品のオンラインショップなどで利用できます。

下記の方法で支払いすることができます。

 

セキュリティ

PayPayや7Payでは、過去に第3者による不正利用事件がありました。

楽天ペイのセキュリティはどうなんでしょうか。気になりますよね。

まず、楽天ペイでは一日で利用できる金額が50万円までと決まっています

不正利用が疑われる際は、利用制限(ロック)がかかる場合もあります。

また自身で行える対策としては、支払い時にパスコード(生体認証)を利用設定が可能です。

楽天ペイアプリの設定メニューから「TouchID/パスコードを要求する」設定をしておきましょう。

1.ホーム画面 左上のメニューマークをタップ
2.設定をタップ
3.Touch ID/パスコードを要求 をタップ
4.ボタンが緑色に変わって設定完了

 スマホを紛失したら

もしスマホを紛失してしまったら、楽天会員IDのパスワードを変更することで、楽天ペイアプリの使用を停止することが出来ます。

カスタマーセンターへ連絡する方法でもOKです。

050-5846-8091(プッシュボタンによる受付)

050-5213-4177(音声による受付)

送金

3月のアップデートより、楽天ペイに「楽天キャッシュ」の電子マネーによる個人間送金機能がつきました。

ひもつけているクレジットカードやラクマの売上金から楽天キャッシュにチャージされた金額を楽天ペイや楽天が運営するサービスで利用できる機能です。

その他お得情報

Kyash

楽天ペイは「Kyash」と紐つけることで更に還元率をあげることが可能です。

「Kyash」とは、VISAブランドのプリペイドカードを発行しているウォレットアプリ。

VISAの加盟店であれば、クレジットカードと同様に使用でき、更に買物金額の+2%の還元を受けることが出来るんです。(2019年10月1日より+1%に変更になりました)

使い方を説明します。

Kyashはプリペイドカードなので、買い物の前にチャージをして残高を用意しておく必要があります。

そのチャージ方法の一つに、クレジットカードからの自動チャージがあり「kyash」のクレジットカード登録に「楽天カード」を登録しておくのです。

先述したように、楽天ペイには楽天カード以外のクレジットカードが登録できますから、Kyashを登録し、またKyashのチャージ用クレジットカードを楽天カードにすると

  • 楽天カードからkyashにチャージ(1%のポイント付与)
  • 楽天ペイで支払いをする(kyashで1%+楽天ペイで0.5%)

合計で、還元率が2.5%になります。

  • 楽天カード → 楽天ペイ
  • 楽天カード → Kyash → 楽天ペイ

上記のように、楽天カードから直接で楽天ペイで決済するのではなく、間にKyashを経由することで、+2%のポイント3重取りが出来るわけです。

更にローソンでPontaカードを提示するとポンタポイントも1%還元されますから、還元率は4.5%になるんですね。

これでポイントの4重取りになりました。すごい!

ところが、下で触れていますが、現在楽天カードでの支払いに設定しておくと、還元率が5%になります(9月30日まで)

キャンペーン

楽天ペイでは、様々なキャンペーンを実施中です。

主なキャンペーンを別記事にて紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

www.rakuamablog.com

デメリット

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c38dbefa385e86429dfe6d025163b3bd_s.jpg です

一方で他のスマホ決済と比べてデメリットもあります

  • 銀行口座からのチャージができない
  • チャージにはクレジットカードが必要
  • 楽天をあまり利用していない人にはメリットが少ない

どういう人に向いているか

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5ad3b617bcb094e9420202918dd26e5a_s.jpg です

まちがいなく「楽天」のサービスをよく利用している人です。

楽天スーパーポイントを普段から貯めている、いわゆる「楽天経済圏」で生活している人達ですね。

まとめ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は f74c4d762eb4ca8c2c4264e3fc69d56b_s.jpg です

上で述べたように、普段から楽天で買い物をして「楽天スーパーポイント」を溜めている人にはポイントがより溜まりやすくなります。

また溜めたポイントを決済時に利用できる点もプラスポイント。

「楽天ペイ」をスマホ決済で使うなら「楽天カード」を持ち、必ず使う設定にしておきたい。

そして、メリットとしては「期間限定ポイント」を優先的に消費できるので、何よりを捨てずに使い切れるのが嬉しいところ。

普段は「LINE Pay」や「PayPay」をメインに使っていても、「期間限定ポイント」を捨てずに消費したい時だけ楽天ペイを使うというのもありだと思います。 

使える実店舗は多いものの、LINE Payなどと比べるとチャージ方法が限られていたり、「現金引き出し」にまだ対応していないなど、不便に感じる点があるので、早く解消されることを望みます。

他サービスとの違いを見極めて、上手にキャッシュレス生活を送りましょう。

【他社のスマホ決済サービス解説はこちらから】

長文となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

らくあまでした。それでは、また。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました