はてなブログからWordPressに移行しました

【PayPayフリマ】ヤフーからフリマアプリが登場 売上の1%還元

コード決済

どうも。らくあま(@rakuamablog)です。

フリマアプリといえば、真っ先に思い浮かぶのが「メルカリ」

利用者数は2000万人を超えているそうですが、そんなメルカリに対抗すべく、ヤフーから「PayPay」が使えるフリマアプリが登場しました。

PayPayを使う機会が増えている立場からすると気になる情報です。

f:id:taka2510042:20191008220645p:plain

PayPayフリマ

その名も「PayPayフリマ」です。

単純だけど何のアプリが分かりやすいネーミングですね。

現在では、iOSのみ。Android版のアプリは10月中に出る予定です。

PayPayフリマ

PayPayフリマ
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

まず「PayPayフリマ」を使用するには「Yahoo!JAPAN ID」が必要になります。

f:id:taka2510042:20191008231015p:image

「Yahoo!JAPAN ID」を登録してから利用することになりますが、登録の方法はとても簡単でした。

特徴

さて、そのPayPayフリマですが、以下の特徴があります

PayPay残高を利用した売買

PayPayフリマの決済による支払い方法は、

  • PayPay残高
  • クレジットカード

のどちらか。

「PayPay残高」で支払いをすると、決済額の1%のPayPayボーナスが戻ってくる仕組みとなっています。

また商品の売上金もPayPayで受け取ることが可能です。

販売手数料10%

販売手数料はメルカリと同じ設定の10%

3.5%のラクマと比べると割高ですね。

匿名での発送

メルカリは、匿名または名前表記での発送となりますが、PayPayフリマは匿名発送のみとなっています。

価格交渉を簡便化

メルカリの場合は、コメント欄を使って値下げの交渉などを行うことが出来ますが、PayPayフリマでは値切り交渉の簡便化を狙い「価格の相談」のボタンが設定されています。

ヤフオクと連携

「ヤフオク!」に出品されている、条件を満たした商品を「PayPayフリマ」からも購入することもできます

送料は出品者負担

送料は基本的に出品者が負担することになります。

ですから着払いの設定はできません

 キャンペーン

そして今なら、お得なキャンペーンを2つ実施しています。

送料0円キャンペーン

1つ目は「出品者の送料を全額負担してくれる」キャンペーンも実施中。

f:id:taka2510042:20191008221303p:plain

11月30日までのキャンペーンです。

出品者が負担する送料が、11月末までは全てヤフーが負担してくれる送料0円キャンペーンを実施しています。

  • ネコポス
  • ゆうパケット
  • 宅急便

が対応。

かなり大きいサイズのゆうパック(通常1700円)やヤフネコパック(通常900円)でも送料無料で対応してくれます。

f:id:taka2510042:20191008233303p:plain

※ヤフネコパックまたはゆうパックでの配送に限る

はじめてのお買い物は500円OFFクーポン

そして2つめは「1000円以上の商品の購入で使える500円オフ」クーポン

f:id:taka2510042:20191008221228p:plain

こちらの有効期限は10月28日までとなっています。

Androidでは、10月29日〜11月28日で実施する予定。

そして近いうちにPayPayボーナスライトが獲得できるキャンペーンも予定されているとのこと。

所感

さて実際にアプリを利用してみましたが、パッとアプリの画面を見た感じはメルカリと同じ。変わりないですね。

とりあえずは成功者(メルカリ)に習って真似できる部分は真似をし、キャンペーンなどを活用してユーザーを獲得していこうとするやり方なのかな。

PayPay残高を使えたり、お得なキャンペーンがあるので、メルカリと併用して使ってみようかな、と考える人もいるのではないでしょうか。

メルカリとすれば強力なライバルがいよいよ登場し、心中穏やかではないでしょう。

個人的には、まずはアプリを覗いて魅力的な商品が見つかれば購入する側で利用していきたいと思います。

そしてPayPay関連で言えば、ヤフーが買収したZOZOTOWNが出店を予定している仮想商店街「PayPayモール」もこの秋に登場予定。

コード決済の枠を超えて更に幅広い場面で利用できるようになる「PayPay」

今後も幅広い分野に攻勢をかけてきそうです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました