はてなブログからWordPressに移行しました

【マイナポイント】還元率25% マイナンバーを利用した還元政策とは?

コード決済

どうも。らくあま(@rakuamablog)です。

さて、今回の記事は、ニュースにもなりました「マイナンバーを利用した還元政策」を取り上げます

現在、実施されている「キャッシュレス/消費者還元事業」が2020年6月に終了予定。

その後の時期の「2020年9月〜2021年3月」間に予定している政策とのこと。

政府のアナウンスによると「マイナンバーカード」を活用した消費活性化策とのことですが、具体的にどういった内容なのでしょうか

マイナポイント

還元されるポイント名は「マイナポイント

総務省に公式ページがありました。

マイナンバーカードを活用した消費活性化策とは、一定額を前払い等した者に対して、マイナンバーカードを活用したポイントである「マイナポイント」を国で付与するもの。

ポイントの購入条件、購入対象者、プレミアム率、ポイントの利用環境や使途、有効期限等、具体的な内容は現在検討中です。今後、順次皆様にお知らせしてまいります。

総務省公式サイトより引用

「正式に決定していない」と記載されてはいますが、具体的な数字も報道されていました

還元率

一番気になるのは「どれくらいの恩恵が受けれれるのか」という点ですが、現状では、

らくあま
らくあま

最大20000円の利用に対して、

25%の還元率により、

5000円の還元が受けられる。

という内容のようです。還元率25%はインパクトありますね。

決済方法

そして、還元を受ける決済方法は、

  1. 電子マネー
  2. QRコード(スマホ)決済

のどちらか。

クレジットカードは対象になっておらず、電子マネーQRコード(スマホ)決済が対象です。

ちなみに現時点で12のサービスが参加予定。

電子マネーはSuicaやWAON、コード決済はPayPayやLINEPay、楽天ペイなどが対象となっています。

条件

また還元を受けるための条件として、

  1. マイナンバーカードの発行
  2. 専用のID(マイキーID)の設定

が必要になります。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは、パソコン、スマホ、郵便、まちなかの証明写真機から無料で申請が可能

マイナンバーカードの作成案内はこちらのサイトから

ちなみに・・・

申込みをしていなくても以前各自治体から送られてきた「通知カード」

こちらは、個人番号を通知するためのもので、マイナンバーカードとしては使えません。

マイナンバーカードは顔写真がついていて本人確認が出来るカードです。

こちらですね。

マイキーID

そして、もう一つの条件である「マイキーID」

こちらは、パソコンと公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタ、またはスマホから設定ができます。

ただしスマホの場合は、アンドロイド版のみでiPhoneは現在、未対応(今後対応予定)

  • パソコン&ICカードリーダライタ
  • スマホ(現時点ではAndroidのみ対応)

マイキープラットフォームはこちら 

ちなみにマイキーIDは、マイナンバーカードを作成した後でないと設定ができません。

利用方法

マイナポイントを利用する場合ですが、

電子マネー

電子マネーは、

  1. 利用先を選択して、マイナポイントを申し込み
  2. チャージに対して、プレミアムポイントが付与
  3. プレミアム分も利用しての買い物が可能

QRコード決済

QRコード決済の場合、

  1. QR決済アプリからマイナポイントを申し込み
  2. QR決済アプリにて買い物をする
  3. 買い物後、利用金額に応じてプレミアムポイントが付与

らくあま
らくあま

ということで、電子マネーとQRコード決済で、ポイントの付与方法が変わってくるようです。

まとめ

今回の政策のねらいは、2つ挙げられています。

  1. 五輪&キャッシュレス・消費者還元事業終了による消費の落ち込みへの景気対策
  2. マイナンバーカードの普及

ちなみに現在のマイナンバー普及率は14%

もう少し普及しているかと思いましたが、かなり低い普及率ですね。

一度発行してしまえば、コンビニで各種証明書が取得できるなど、結構便利に使えるものですが、まあ正直なくても困らないものですよね。

ちなみに私は以前、作成しましたが、申請してから手元にカードが届くまで結構手間と時間がかかりました。

らくあま
らくあま

もし、これを機にマイナンバーカードを作成する場合、通常時でも時間がかかるので、この政策が始まる時には駆け込みでカード作る人も増えそうですから、早めに作成しておくことをオススメしますよ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました